多くの人が利用する理由

太陽光発電

設備を設置するメリット

ここ数年、郊外のある程度の大きさのある住宅の多くに、太陽光発電システムが設置されています。太陽光発電を設置することで、自宅で使用する電気を自宅で賄えるので、環境にもやさしいと注目されて導入が進んでいます。電気は電力会社から送られる過程で消費されてしまうので、使う場所で発電することでエコにつながるのです。とはいえ、多くの人が数百万円もかけて太陽光発電を設置する理由は、投資費用以上のメリットが得られるからです。自宅で発電し使用しなかった電力は、電力会社が買い取ってくれるのです。太陽光発電は、屋根工事業者などの建築会社が設置します。どの建築会社が設置しても買い取ってくれるのは地域の電力会社です。設置した建築会社によって、買取価格が異なるということはありません。とはいえ家によって買取価格が異なることがあります。これは電力の契約を結んだ時期が異なることに起因します。買取価格は、毎年改定され契約した年ごとに決まっています。また一般的な家庭に設置されている太陽光発電の買取価格は、10年間継続されます。現状では、買取価格は年々下がっています。ですから10年が過ぎた後は、現状よりも低い買取価格となることが予測されます。場合によっては、大きく下がることも考えられます。年々買取価格は下がっていることもあり、業者側が施工をせかすケースも多々あります。しかし設置費用をペイするつもりであれば、しっかりシミュレーションしたうえで契約する必要があります。